アタ ピリカラ ෴ අට පිරිකර

アタ ピリカラは、仏陀への供物として仏教寺院に捧げられる供物です。これらの供物は通常、施しの儀式中に行われます。アタ ピリカラのセットは、僧侶の日常生活に必要な最低限の必需品で構成されています。アタピリカラは以下のアイテムで構成されます。

  1. 挑戦者シヴル
  2. チャレンジャー アンダナカダヤ
  3. 丼鉢
  4. ダリピヒヤ(カミソリの刃)
  5. ベルト
  6. フィルター

(1)ローブは3種類

仏陀は僧侶が使用するために9つの袈裟を認可しました。これらのうち、サンガティ(外側のローブ)、ウッタラサンガ(上部のローブ)、アンタラヴァサカ(下部のローブまたは下着)が 3 つの主要なローブです。

すべてのローブは仏陀のローブ (Sugatha Cheewara) より小さくなければなりません。仏陀の衣の長さは 13 大工キュビト (ワドゥ リヤナ) と 1.5 です。現在の僧侶は、スガタ・チーバラのように長くて幅の広いローブを着る必要はありません。しかし、たとえそれが非常に小さかったとしても、僧侶はパリマンダラ・スパティチャンナの戒律を守ることでローブを着ることができず、ローブが大きすぎる場合にも同じことが起こります。したがって、ローブは自分の体のサイズに合わせて作られる必要があります。アダナヤは長さ 5 フィート、幅 1 ~ 2.5 フィートが適切です。シングルローブとダブルローブは長さ1.5キュビト、幅4.5キュビトでなければなりません。ローブはパスカダサトカダに裁断して縫い合わせる必要があります。生地が小さすぎて 3 着すべてを裁断して縫うことができない場合は、1 つまたは 2 つを切らずに縫うことをお勧めします。切りっぱなしのローブは着るべきではない

(2) ボウル

仏陀が「ピンディヤロパボージャナム ニッサヤ パバジャ」と説いたように、比丘にとっての基本的な食物源は、朝の托鉢(ピンダパタ)中に受け取ったものでした。施しの食べ物に毎日依存することは、比丘と在家信者の両方に相互依存を思い出させ、比丘が在家社会から過度に孤立するのを防ぎます。彼は毎日彼らに「会い」、彼らが彼と共有する食べ物を食べます。

「ナ ビッカベ アパッタコ ウパサンパデタッボ、ヨー ウパサンパディーヤ アパッティ ドゥッカタッサ」鉢を持たない者は出家してはならないという戒律もある。

金、銀、水晶、青銅、ガラス、鉛白、鉛黒、銅で作られた鉢を比丘は持つことができず、托鉢は粘土か鉄でしか作れません。

(3) カミソリの刃

パーリ語の「ダンタカッタ」は歯磨きに使用する木の棒を意味し、「チェダナワシ」はナイフを意味します。トリピタカのアングタラ・ニカヤのアッタカ・ワガで言及されているように、歯を磨くためのブラシがなかったため、歯を磨くための木の棒を作るためにアタ・ピリカラに特別なナイフが含まれていたことは明らかです。しかし、今日、私たちはアタ・ピリカラの一部としてカミソリの刃を見ることができます。したがって、歯磨き用の木の棒を作るために使用された特別なナイフは、ひげを剃る目的でも使用された可能性があると想像できます。カミソリの刃はステンレス鋼で作られている必要があります。しかし現在、アタ・ピリカラでは通常、いかなる目的にも使用できない刃物しか見つかりません。

(4) 針

「スーチー」とはパーリ語で針を意味します。現在、アタ・ピリカラでは針と糸の玉の両方を見つけることができます。初期の頃、この目的のためにさまざまな種類の繊維が使用されました。

(5)ローブベルト

このベルトは「カヤ バンダナヤ」とも呼ばれます。カヤバンダナヤとは、ローブが緩まないように腰に巻く布のことです。 「ナ・ビッカベ・ウッカヴァカニ・カヤバンダナニ・ダレタバニ、カラブカム・デドゥバカム・ムラジャム・マッダヴィナム。 yo dhareyya apatti dukkatassa」これは、比丘たちは派手な帯を使用すべきではないことを意味します。

(6) フィルター

パリサバナ」は水をろ過するために使用される布です。水の中には目に見えない生き物がたくさんいるので、釈迦は僧侶たちに濾過した水だけを飲むようにとアドバイスしました。

අටපිරිකර පූජා කිරීමේ ආනිසංස

意味:

01. පාත්‍රය
02. පෙරහංකඩය
03. පටිය
04. තනිපට සිවුර
05. දෙපට සිවුර
06. අඳනකඩ
07. දැළි පිහිය
08. ඉදිකටුව

よろしくお願いします。よろしくお願いします。よろしくお願いします。

තුන් සිවුරු ( තනිපට සිවුර, දෙපට සිවුර, අඳනකඩ ) පි දීමේ අනුසස් 08 කි。

01. රන්වන් සිරුරක් ලැබීම。
02. ශරීරයේ දූවිලි නොවැළකීම。
03. ප්‍රභාශ්වර (රැස් විහිදෙන) ශරීරයක් ලැබීම。
04. මහත් වූ ප්‍රතාප ඇතිවීම。
05. ශරීරය ඉතා සිනිඳු වීම。
06. සසරදී හිසෙහි සුදු වස්ත්‍ර ලක්ෂ ගණනින් දරයි。
07. සසර සෑම භවයකදීම කහ වස්ත්‍ර ලක්ෂ ගණනින් දරයි。
08.

10 年です。

01. රන්、මැණික්、රිදී තලි පරිභෝග කරයි。
02. උපද්‍රවයක් කිසිදා සිදු නොවේ。
03. අනතුරක් කිසිදා නොවේ。
04. හැම කල්හිම ගරු පුද ලබයි。
05. ආහාර පාන, වස්ත්‍ර, සයනාසන නොමදව ලබයි。
06. තම භෝගයෝ නොනැසෙති。
07. ස්‍ථීර වූ සිත් ඇතිව වෙසේ。
08. සෑම කල්හිම ධර්මය කැමති වේ。
09. මද කෙලෙස් සහිත වේ。
10. ආශ්‍රව රහිතව වෙසේ。

07 年 07 年。

01. හැම කල්හිම සූරයෙක් වේ。
02. නොවිසිරි සිත් ඇත්තෙක් වේ。
03. විශාරද්‍යත්වයෙන් යුක්ත වේ。
04. ධෛර්යය ඇතිව වෙසේ。
05. වීර්යය ඇතිව වෙසේ。
06. ඔසවා ගත් සිත් ඇත්තේය。
07. කෙලෙස් සිඳින සූක්ෂ්ම ශුද්ධ ඥාණය ලබයි。

07 年 07 年 07 月 07 日。

01. සැක නැතිව සැරිසරයි。
02. සැක සිඳ භවයේ හැසිරෙයි。
03. රූ ඇතිව වෙසේ。
04. භවභෝග සම්පත් විඳියි。
05. තියුණු නුවණින් යුතුව භවයේ හැසිරෙයි。
06. ගැඹුරු, සියුම් ස්ථාන සහිත අර්ථයන් දිකියි。
07. මොහඳුර දුරු කරන වජ්‍ර සම ඥාණ ශක්‍තීන් ලබයි。

05 年 05 月 05 日。

01. සෑම දෙනාම ඉක්මවා දිව්‍යායුෂ විඳියි。
02. සොරුන් හට කිසිදා හිංසා කල නොහැකිය。
03. සතුරන්ට කිසිදා විපත් පැමිණවිය නොහැක。
04. ආයුධ, විෂ ආදියෙන් අනතුරු නොවේ
05. අතුරු මරණ නොමැත。 පරමායුෂ විඳියි。

06 年です。

01. සමාධීන්හි අකම්පිත වේ。
02. සමාධි හි වශීභාවයට පැමිණෙන්නේ ය。
03. නොබිඳෙන පිරිස් ඇත්තේ වේ。
04. හැම කල්හිම තම වදන් අනුන් විසින් පිළිගන්නේ ය。
05. එළඹ සිටි සිහි ඇත්තේ වේ。
06. කිසිදු භවයකදී හෝ තැති ගැනීමක් ඇති නොවේ。

මෙහි එන ආනිසංස හොඳ හැටි කියවා තේරුම් ගෙන අටපි රිකර පූජාව සිදු රන්නේ නම් ඔබට සසරෙහි මේවා අත්ව ිඳ සසර දුකින් නිදහස්ව උතුම් නිවන අවබෝධ කරගත හැよろしくお願いします。

සම්පාදනය: පූජ්‍ය කොටියාගල ධම්මසිරි හිමි。 ඔබට තෙරුවන් සරණයි!