スリランカ文化

文化 文化 文化

伝統的な要素と現代的な要素が融合したスリランカの文化は、多様性の典型です。主に上座部仏教の影響を受けており、中部と南部の州には今もその強い遺産が残っており、スリランカは地域的に多様性のある国であると言えます。国の北部には南インドの影響が見られますが、スリランカの文化はポルトガル、オランダ、イギリスによる植民地主義の影響を受けており、時間の経過とともにそれらが混ざり合いました。

祭りと休日:この国では多くの祭りが祝われ、国全体が同時に観察し楽しむことができる休日に恵まれています。全国の仏教徒が三重の宝石に敬意を表する毎月の満月のポヤの日から、ヒンズー教徒によるポンガルとディーパバリ、カトリック教徒によるクリスマスとイースターのお祝い、そしてイスラム教徒の信者によるラマザンとメッカ巡礼の祭りまで、スリランカにはすべてが揃っています。 。

芸術品と工芸品:主に仏教文化からインスピレーションを得た地元の芸術形式の多くは、宗教的信念に由来するか、宗教的信念を示唆しています。絵画、建築、彫刻などの形式は芸術の主な代表です。全国各地には多くの遺産があり、観光客はこの壮大な建築記念碑に主な影響を与えた人々を明確に知ることができます。歴史的に保存されている芸術品は、ダンブッラやシギリヤの石窟寺院、キャンディの仏歯寺などにあります。受け継がれてきた他の形式の芸術品や工芸品には、粘土陶器、マスク作り、木製手工芸品が含まれますが、レース細工やバティック産業は、それぞれポルトガル人やインドネシア人によって開始および導入されました。

舞台芸術:スリランカのダンス形式は、民俗、古典、そしてキャンディアン ダンスで構成されるダンス ドラマで多様性を表します。鮮やかな色のドレスと木製の仮面が、太鼓や笛の音とともに美しい風景を浮かび上がらせ、宗教的信念の影響を受けた文化を雄弁に物語っています。地元の映画ではランカの歴史、文化、民間伝承を宣伝しているほか、現代映画の抜粋も増えています。舞台劇やミュージカルは、この国でエンターテイメントを促進する新たな標準となっています。

スリランカ料理:ここ島で手に入るエキゾチックな果物や野菜を上手に使って、食欲をそそる、甘い、スパイシー、ピリッとした、あらゆる素敵な料理があなたを待っています。健康的な食欲を促進するこの料理は、世界中で求められている一連のスパイスを通じて魂のこもった味わいを実現しています。私たちのシナモンは世界最高の一つであり、私たちは小さな島として、コショウやクローブを含む多くのスパイスの栽培者であることを誇りに思っています。現在では、ここにある多くのレストランで、ほぼすべての主要な料理を少しずつ味わうことができます。

紅茶文化:この国は世界最大の紅茶輸出国の一つであるため、休暇中にぜひ試していただきたいのが「セイロンティー」です。私たちの文化の主要な部分であるこの飲み物は、島のどこにいてもゲストであれば必ずお茶が提供されるスリランカのおもてなしによく合います。

アーユルヴェーダ:スリランカの健康とウェルネス分野では先住民の医学が重要な役割を果たしているため、完全なウェルネス プログラムを顧客に提供することに専念しているリゾートやクリニックが数多くあります。これは、瞑想と地元の食材が末期の病気の治療に役立つ文化において重要な役割を果たしています。

スポーツ:スリランカの国技はバレーボールですが、クリケットは国を団結させるアドレナリンの出るスポーツです。ラグビー、モータースポーツ、水泳、陸上競技も国内で多くの人が追いかけています。スリランカ原産のチーナ ディやアンガンポーラなどの武道も少数の人々によって実践されています。

文化 文化 文化
【文:ラクプラ™. Google による画像、著作権 原作者によって予約されています。】
1 4