トゥパラマヤ ෴ ථූපාරාමය

トゥパラマヤ トゥパラマヤ トゥパラマヤ

トゥパラマヤは、スリランカに仏教が伝わった後に建てられたスリランカ最古の仏塔です。デヴァナピヤティッサ王によって建てられたトゥパラマヤ寺院には、仏陀の神聖な鎖骨が祀られています。インドからの贈り物であるこの遺物は、当時のスリランカの統治者が享受していた友好関係を証明しています。仏塔の周りの柱は、神聖な建物を覆う屋根を支える通路の一部でした。審美的には、このような構造物の内部は、木材工学と最も熟練した職人技の見事な表現であったに違いありません。この建造物の円錐形のデザインは、世界の建築史の中でもユニークであり、学者や科学者によって議論され続けています。アヌラーダプラ時代に遡る医学書や手術器具の発見は、その時代の生活の質を裏付けています。病人を治療するための薬湯として石の桶を使用する伝統は、アヌラーダプラ時代とその後のポロンナルワ時代、スリランカに仏教が伝わる前に流行しました。患者は、麻痺状態であっても、ヘビに噛まれて昏睡状態であっても、徐々に体内に吸収される適切な薬が豊富に含まれた浴槽に浸されました。興味深いことに、容器の形状は高価な液体を節約するために成形されました。トゥパラマヤという名前は比丘のための集合住宅です。


【LK94009661:トゥパラマヤ.テキストは Lakpura™ によるものです。画像は Google によるもので、著作権はオリジナルの作者が留保します。】
1 4