アルス・サハル・マンガラヤ

アルス・サハル・マンガラヤ アルス・サハル・マンガラヤ アルス・サハル・マンガラヤ

アルース サハル マンガル、または新米フェスティバルは、スリランカのマハ カンナヤの収穫祭です。刈り取られ、脱穀され、選別された最初の新米は仏様や神様にお供えされます。

毎年1月のポヤの日から新米祭りが始まります。仏歯寺に寄贈された米と籾は、クンダサレ・パレケレで別の場所に保管され、デヴァレス関係者への米と籾の配布が行われます。伝統的な行列が宮殿からクンダセールまで行われ、ディヤワダーレドを先頭にして神聖な歯の遺物を目指します。

ダラダ マーリガワ寺院での新米祭りが行われ、神聖な歯の遺物に米が捧げられた後にのみ、全国の農民が収穫物を集め、それぞれの村で独自の新米祭りを始めることができます。

その後に行われる最も重要な新米祭りは、アヌラーダプラスリ マハ菩提寺で行われるアルス サハル マンガルです。

この祭りは、1707 年にシュリ ウィーラ パラクラマ ナレンドラシンハという王によって始められました。ディヤワダナ ニラメがこの祭りの主役を務めます。これはクンダサレにある水田での最初の収穫の様子です。ディヤワダナ・ニラメと残りの人々はペラハラでクンダセールを手に入れ、収穫物を持って歯の遺物の寺院に戻りました。これは、仏陀の歯の遺物を尊重して行われる伝統に従って、常に素晴らしい方法で行われます。ナカト・モホッタラという男性もこの祭りの主要な役割を果たしています。彼は「 Nakth pathraya 」と呼ばれる議題を準備し、すべての作業はそれに基づいて行われました。

アルス・サハル・マンガラヤ アルス・サハル・マンガラヤ アルス・サハル・マンガラヤ
【LK94008867: Google による画像、著作権はオリジナルの作者が留保します。】